厨房機器を賢く処分するなら

厨房機器が不要になった際に困るのはその処分方法です。ここでは少しでも得して処分したいと考えている人へ、買い間違え防止方法も含めて耳寄り情報をお届けいたします。

厨房機器の処分方法

厨房機器

厨房機器はいずれも家庭用と異なり、高額なものが多いです。企業なら他の店舗に移動させるなど柔軟な対応も可能ですが、個人の飲食店の場合処分に頭を悩ませるケースは少なくないです。ここではそんな厨房機器の処分方法について紹介いたします。まずは粗大ごみ、これが一般的で自宅からでた家具などを出したことがある、という人は少なくないです。しかし厨房機器は特殊なものもあるので、中には引き取り不可のものが出てきてしまう可能性があります。また引き取りにきてくれるかどうかも約束されているわけではなく、自分でクリーンセンターまで持っていかなくてはならないという場合があります。

業務用冷蔵庫などの大型機器を運搬は難しいので考えなくてはならないです。自分で持っていくのが難しい、という場合は粗大ごみに比べて引き取り費用が高くなってしまいがちではありますが、回収業者に依頼がおすすめです。処分費用を支払い、指定の場所までとりに来てくれます。粗大ごみは自治体ですが、こちらは民間なので値段については要確認、そして何よりも注意しておきたいのが悪徳業者です。処分費用を受け取り、適切な方法での処分をしない、所謂不法投棄をされてしまう可能性があります。

悪質な場合はほんの少し離れた路上で放置なんてことも、実際にあったケースです。この場合、不法投棄だけで十分悪質ですが、もし厨房機器に元の持ち主の情報が記載されている場合その責任は厨房機器を持っていた人間とされます。この場合、処分費用を渡して尚法的な罰金などの処分が下る場合があるので要注意です。これら二つを見ると少々リスクや難易度が伺えます。しかし買取業者に依頼すると、処分費用はかからず引き取りにきてくれる可能性があるのです。その買取業者は所謂リサイクルショップ、こうした店舗では最近では殆どが出張買取に対応しています。

大型の家具の買取も行っていますので、そのためのトラックを所有している場合が殆ど、買取業者のスタッフが運び出しもしてくれます。中には値段がつかないなどの理由で買取不可のものがでる可能性はありますが、買取値さえつけば運び出しも引き取りもしてくれる可能性が高いのでおすすめの方法です。ただし買取業者によっては買い取ってくれない、あるいは安い金額しかつかない、というケースがあります。賢く買取をしてもらうためにはいくつかポイントをおさえておく必要があります。

専門業者による買取

厨房機器

賢い買取をしてもらうには、専門業者をみつけるのが不可欠です。厨房機器を専門的に扱い、買取をしているところがあるので、それを探して依頼をおすすめいたします。これにはもちろん理由があり、こうした買取業者はお客様から買い取った商品に値段をつけて、中古商品として販売し、利益を出しています。普通のリサイクルショップの場合はオールラウンダーに品を揃えているものの、厨房機器を探しにきた人がわざわざ足を運ぶ場所ではないです。それが理由で、なかなか売れないと予想される商品は買取してくれるかもしれませんが、安い値段で買わざるを得ないのです。しかし厨房機器を専門で扱っている買取業者の場合、次に売るルートがある程度定まっています。厨房機器を探している企業や個人に向けての販売が可能、確実に売れるという自信があるので高額査定が期待できるのです。

少しでも高額で買い取ってもらうために

厨房機器

専門業者に出せば高額査定が可能、というわけではなく、やはり条件が揃ってようやく納得いく値段がつきます。ここでは少しでも高額で買い取ってもらうためにできることについて紹介いたします。高額で買い取ってもらう場合はできるだけ早い段階での査定依頼をおすすめいたします。厨房機器には耐用年数があり、それがだいたい6年程度なのです。だいたい6年目くらいに買い替えが節税対策としても有効で、買い替え時期には直ぐに今使用しているものは買取に出すのをおすすめいたします。8年をこえてしまうと殆どの厨房機器には値段がつきにくくなるため要注意です。もし使わないなどの理由で新しい厨房機器を買取に出すのであれば、それも早い方が高額査定の対象になります。そして次に、状態を少しでも良くしておくのが大事なポイントです。汚れている部分は綺麗にふき取り、そして付属品が残っているのであればそれも揃えておくようにしておきたいところです。これらはプラス査定のポイントなので、査定に出す前に一度確認、メンテナンスをしておくのをおすすめいたします。厨房機器に関わらず、買取において状態を良くしておくのは査定額を上げるコツです。綺麗にしておくだけで随分印象が変わるので、無理のない範囲でしっかり磨いておくとその分プラス査定が期待できます。

厨房機器はこういうものを指す

厨房機器

厨房機器は具体的にどういうものを指すのかについて説明いたします。厨房内で使用している機器全般を指しますが、冷凍冷蔵庫、製氷機、コールドテーブル、作業台、シンク、コンロ、オーブンなんかがこの中に含まれています。そして他にもエアコンやおしぼり保温器なんかもこのうちに含まれており、飲食店で活用するものの殆どがこの分類に入ります。客席で利用するものではなく、スタッフが業務で使用しているもの、という認識がしっくりくるかもしれないです。そしてこの中でもさまざまな種類があり、冷蔵庫一つをとっても容量が本当に幅広いです。

作業台も高さによって適している料理が変わるので、購入時は提供する料理の種類によって考えていく必要があります。そしてこうした厨房機器は自店の厨房にあわない、作業動線にマッチせず効率が悪いと感じる場合は、処分方法として買取の利用をおすすめいたします。特に新しいものはゴミとして出すのはとてももったいないです。少しでもお金にして、より使いやすい厨房機器の導入の資金にしたいところです。経営において無駄な経費はぜひ避けたいところ、賢い処分方法を利用するのが大事です。

厨房機器の処分についてまとめ

厨房機器

これらは家庭用とはまた違うものばかり、そして購入において高い費用がかかる、そんなものばかりです。いざ揃えてみても厨房にしっかりマッチするとは限らないのが難しいところで、動線にマッチしない、高さがあわない、スペースがとれなかった、そんなことは十分に起こります。しかしだからといってそれらを全てゴミとして処分する必要はなく、特に新しいものならなおのこと、お金に替えるのがおすすめです。厨房機器を専門的に買い取ってくれる業者の場合高額買取が期待できる、引き取りにきてくれる、もし値段がつかない商品であっても交渉次第では無料で引き取ってくれる場合があります。

通常粗大ごみや回収業者に依頼すると自分で持っていかなくてはならない場合や、処分費用がかかってしまいます。買取業者を利用するとそれらの心配がないので、最初に問い合わせる先として頭においておくのがおすすめです。こうした機器は購入よりも処分の方が難しいと頭を悩まされますが、そうした問題を一気に解決してくれるかもしれない、そんな頼もしい存在です。お困りの場合は一度相談をおすすめいたします。